豊島区「トイレアートプロジェクト」の図案を作成しました

トイレアートプロジェクトに図案を提供しました

商店街の人びとをモデルとした図案を作成しました

東京都・豊島区の推進する「トイレアートプロジェクト」の一環として、椎名町駅「長崎二丁目第二児童遊園」のトイレに図案を提供しました。

駅前から続く商店街がこの街の印象だったため、商店街の人びとのスケッチを11月頃から行いました。

お店がお休みだったにもかかわらず、快く引き受けてくださった床屋さんのおじさんは
仕事着に着替え、びしっと決めた格好でかっこよく装ってくださいました。

浅草で修業し、30歳の時に椎名町で独立・開業したという人形焼屋さんのおじいちゃん。
お店の人形焼きにそっくりな笑顔が素敵でした。

日本に5人しかいないという、中南米の国・セントルチア出身の英語教師の方。

世界中をめぐり、世界のお菓子を研究してきた方。

一人一人のお話を聞きながら、私が描いているのは「人々の似顔絵」ではなく「街の歴史」なのだと感じました。

制作過程

 

トイレアートプロジェクトとは

豊島区が推進するトイレの建て替え・改修プロジェクトの一環で、アーティストや街の子どもたちとコラボしてトイレを美しく彩る試み。

メディア紹介


東京新聞(2018/12/20)…webの記事はこちら

 

TBSラジオ「森元毅郎・スタンバイ!」

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]