\豊島区の面白い人発掘プロジェクト「としま会議 vol.32」にて登壇いたしました/

\豊島区の面白い人発掘プロジェクト「としま会議 vol.32」にて登壇いたしました/

毎回様々なゲストスピーカーを呼び、世界って本当に広いなあと思わせてくれるとしま会議さんにお呼ばれしました!

演題「世界の家庭料理をつうじて、世界のふつうの人たちを描く」

ユーラシア大陸一人旅を経て、
家庭料理の魅力的な世界や
各国で暮らすふつうの人たちの様子を
漫画やイラストで伝えたい!と思った経緯をお話ししました。

 

豊島区で開催している料理イベントのことも。

ブラン村のおばあちゃんたちの話をする織田

 

他にも、

ブログ記事「独身OLだった私にも優しく住みやすい街『池袋』」が話題となった小沢あやさんや、
丸善書店とジュンク堂書店のECサイトを立ち上げた工藤淳也さん(詳細はこちら)、
古き良き商店街のリノベーション宿泊施設「シーナと一平」の番頭・つよぽんさん
など、お話を伺っていてとても楽しい会でした。

 

登壇者たちで記念撮影

イベント概要

☆3/29(木) 19:30-22:30(終了)
イベントレポート:朝ピロシキの会@百塔珈琲Shimofuri

イベントレポート:朝ピロシキの会@百塔珈琲Shimofuri

隔月恒例の「朝ピロシキの会」。

まずは主催者の織田博子の自己紹介、ピロシキについての説明。

日本に広く伝わったのは、生地を包んで揚げる「揚げピロシキ」。
でも、今回作るのは、ロシアで主流の「焼きピロシキ」。

ロシアではポピュラーだけど日本にはない具を包みます。
意外な具に「ピロシキのイメージが変わった!」「〇〇を包んでも面白そう~」など、参加者さんも楽しそう。

やわらかい生地を丸めて、具を包んで、少し寝かせて
オーブンで焼き始めます。

その合間に、百塔珈琲のおいしいコーヒーを味わいつつ…

焼きあがりました!
次々と焼きあがるピロシキたち。

おみやげもたっぷり持って帰っていただき、楽しい会になりました。

参加者さんの声

過去のイベントの参加者も含みます。

焼きピロシキを焼く会に参加。
手軽に楽しく、ちょっと変わったもの(料理も国も)を作れたらというのが参加動機です。
生地をこねて包むだけという完全に美味しいところだけ(笑)
先生と参加者のみなさんと楽しく作業させてもらいました。

自由な雰囲気で焼いて食べて話へて、初めて参加したのがOda先生のPop-upでよかったです。

楽しくてあっという間の時間でした。焼きたてのピロシキはサクッ、ふわっととても美味しく、織田博子さんも気さくな素敵な方で、また参加したい!と思いました。ロシアのお話を聞いているうちに、自分も必ずロシアに行こう!という気にもなってしまいました。織田先生、ありがとうございました!

ロシア料理が好きで、ロシアを旅されたOda Hirokoさんにぜひお話を伺いたく参加しました。
Oda Hirokoさんはとても楽しい先生で、参加者の方々も旅先で面白い体験をされていて、アツアツのピロシキをいただきながらの現地のピロシキ事情にはじまり料理、文化、歴史…様々な側面からの話題がとても刺激的でした。

朝ピロシキの会たけだ整骨院のブログ

関連リンク

【世界家庭料理の旅】 Vol.4 時間と手間をかけて作る、愛情たっぷりのロシアの家庭料理「ボルシチ」と「ピロシキ」!

2017/11/12 【第3回】世界のかぼちゃ料理popup イベントレポート

2017/11/12 【第3回】世界のかぼちゃ料理popup イベントレポート


毎月、いろんな国のCOOKさんをゲストでお呼びして開催!
人気COOKさんの料理をいろいろ食べられる楽しいお祭りです。

多彩な料理もさることながら、一人ひとりとても魅力的なCOOKさんたちが一堂に会する豪華なイベント!

今回のテーマはかぼちゃ。

参加者のsatoeさん、kentaroさんが会場で彫ってくれたかぼちゃのおばけ。

光ります。

Chiaraさんが服を着せてくれました。

まずはasakoさんのマンティ(ウズベキスタン料理)

クミンとの組み合わせに異国情緒を感じる!

次は織田さんのかぼちゃのカーシャ(ロシア料理)。

もちもちした食感とサワークリームのコクがある甘いおかゆ!

keikoさんのかぼちゃのカレー(ニョニャ料理)。

辛い中にもかぼちゃの甘みとココナッツミルクのコク。

次はメイン、ヒルさんのCamarão na moranga(エビとかぼちゃのクリームソース)(ブラジル料理)。

エビの風味と濃厚な生クリーム、かぼちゃの風味がリッチ!

最後のデザートはキアラさんのかぼちゃのフリッテッレ(イタリア料理)。

かぼちゃの甘みの中にさわやかなオレンジピール。

けいこさんのジンジャークッキーやヒルさんのBrigadeiro de Abóbora(かぼちゃの練乳デザート)まで!

みんなでお片づけまでわいわい楽しくやりました。

次回は
12/2 (土) 18:00 ~ 21:30「4人の人気COOK達による世界のカラフル料理!

次々回は
1/20 (土) 17:00 ~ 22:00「インスタ映えしない!【世界のモノクロ料理】 4人の人気cook達による世界の料理!

2017/11/5 Fikaイベントレポート

2017/11/5 Fikaイベントレポート

原宿の個性的な部屋でひらかれた、スウェーデンのフィーカイベント。
フィーカとは、coffeeをさかさに読んだ、「お茶をする」という意味のスウェーデン語。

まずはムーミンの型でジンジャークッキー、ハロングロッタ(ラズベリーの洞窟という意味)という、ラズベリージャム入りクッキーを作ります。

そしてシナモンロールを巻きます!

北欧のシナモンロールは、カルダモンの香りが特徴。
スウェーデンとフィンランドでは形が違う。
今回はスウェーデン風に作りました。

スウェーデン人のマンガ家さん、オーサ•イェークストロムさんがサプライズゲストで登場!
女子会の雰囲気でワイワイもりあがった会でした!

オーサさんの本
北欧女子オーサが見つけた日本の不思議 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

参加者のレビュー

普段あまり馴染みのないスウェーデンのお菓子たち。
みんなで作って食べておしゃべりして、スウェーデンのエピソードを聞いて…
あっという間に過ぎたFika。
Hirokoさんの穏やかで優しい雰囲気にも癒されました(*^^*)
たのしいひとときをありがとうございました(о´∀`о)

隔月開催しています

百塔珈琲Shimofuri(駒込)にて、隔月で「朝シナモンロールの会」を開催しています。

次回の開催予定は、百塔珈琲Shimofuriのサイトでご確認ください。

「霜降銀座商店街」ブログさんにて紹介いただきました!

 

【終了しました】世界のおじちゃん展 2017/9/19(火)~10/8(日)@シーナと一平(東京都豊島区)

【終了しました】世界のおじちゃん展 2017/9/19(火)~10/8(日)@シーナと一平(東京都豊島区)

イベントの様子

https://nagasaki2-baseforeveryone.tumblr.com/post/165610700514/0920

織田 博子 個展

世界のおじちゃんとおばちゃんのイラストを描き続けているイラストレーター、マンガ家の織田博子の個展を開催します。
古き良き商店街の中にある素敵なカフェで、まったりとおじちゃんとの時間をお過ごしください。

2017/9/18(月)~10/8(日)
月~木 10:30~15:30  金~日 12:00~18:00

昔懐かしい商店街の中にあるゲストハウス&カフェ
シーナと一平西武池袋線 椎名町駅より徒歩4分(〒171-0051 東京都豊島区長崎2-12-4)

※会場では月~木 入場料300円、金~日はカフェのため、1オーダーお願いします。

作家在廊予定:9/23(土)、29(金)、30(土),10/8(日)
その他、在廊予定は「食を旅するイラストレーター・織田博子」のFBページでご確認ください。