日本ブランドのうまい豚「JAPAN X」(丸山株式会社)のパッケージイラストを担当しました

日本ブランドのうまい豚「JAPAN X」(丸山株式会社)のパッケージイラストを担当しました

2016年 ※お中元で丸山株式会社様よりお送りいただきました!ありがとうございます♡ 2015年 日本ブランドのうまい豚「JAPAN X」(丸山株式会社)のパッケージイラストを担当しました。 オンラインストアはこちら ド…>>Read more

aaaa
スペイン・ムルシア地方のパエリアと若者

スペイン・ムルシア地方のパエリアと若者

パエリアにはレモンが欠かせない。 「レモンのにおいをかぐと、実家を思い出す。家の周りにはたくさんレモンがなっていたからね」 BSフジ「夢の食卓」出演時に描いた作品。 「世界の食卓をつなぐ」ウェブサービス「Tadaku」の…>>Read more

aaaa
【イベント出演】ソ連カルチャーカルチャー3にて、ゲストとして出演

【イベント出演】ソ連カルチャーカルチャー3にて、ゲストとして出演

2015年5月10日(日) 「☆ソ連カルチャーカルチャー3~おそロシ庵スペシャル!驚愕おそロシアネタぜんぶ見せます!☆」@東京カルチャーカルチャー(お台場・ZeppTokyo2階) にて、ゲスト(トーク)として出演します…>>Read more

aaaa
「ブラン村のおばあちゃん達」を訪問したことが、ロシアのニュースになりました

「ブラン村のおばあちゃん達」を訪問したことが、ロシアのニュースになりました

織田が4/17~19 ウドムルト共和国ブラン村を訪問した時の様子が、ロシアのニュースに掲載されました。 ※テレビでも放映されました 以下日本語訳。写真掲載は許可取得済みです。 ※インタビューを受ける際に誤訳・誤解などがあ…>>Read more

aaaa
Huffington post Japanにて、「【世界家庭料理の旅】Vol.5 おとぎの国・チェコで、不思議な名前の家庭料理に出会う。」が公開されました

Huffington post Japanにて、「【世界家庭料理の旅】Vol.5 おとぎの国・チェコで、不思議な名前の家庭料理に出会う。」が公開されました

メインディッシュ、「スヴィチコヴァー・ナ・スメタニェ(Svíčková na smetaně)」。 肉に酸味のあるジャムを加えるのは、北欧でもよく見られるスタイル。肉の旨みをひきたたせ、さわやかな後味になる。 「この料理…>>Read more

aaaa
キッチハイクマガジンにて、「『世界家庭料理の旅』Vol.5 おとぎの国・チェコで、不思議な名前の家庭料理に出会う。」が公開されました。

キッチハイクマガジンにて、「『世界家庭料理の旅』Vol.5 おとぎの国・チェコで、不思議な名前の家庭料理に出会う。」が公開されました。

メインディッシュ、「スヴィチコヴァー・ナ・スメタニェ(Svíčková na smetaně)」。 肉に酸味のあるジャムを加えるのは、北欧でもよく見られるスタイル。肉の旨みをひきたたせ、さわやかな後味になる。 「この料理…>>Read more

aaaa
鍋に豪快に盛り付けしたローレンス(フランス)

鍋に豪快に盛り付けしたローレンス(フランス)

料理が苦手なローレンス。ブルターニュ地方の伝統的な料理、ムール貝のワイン蒸しをがんばって作った。お皿に盛るのが面倒なので、ポテトをトッピングして、はい出来上がり、と持ってきた。

aaaa
Huffington post Japanにて、「【世界の家庭料理をめぐる旅】Vol.4 時間と手間をかけて作る、愛情たっぷりのロシアの家庭料理「ボルシチ」と「ピロシキ」!」が公開されました

Huffington post Japanにて、「【世界の家庭料理をめぐる旅】Vol.4 時間と手間をかけて作る、愛情たっぷりのロシアの家庭料理「ボルシチ」と「ピロシキ」!」が公開されました

「ロシア料理は、作るのにとても時間がかかるんです。週末にたくさん作って、一週間かけて食べるのがロシア流。」 とくに「ボルシチ」は、寝かせるほどコクが増して美味しくなるのだとか。 「日本でも、カレーは寝かせるほどおいしいで…>>Read more

aaaa
KitchHikeMagazineにて「時間と手間をかけて作る、愛情たっぷりのロシアの家庭料理「ボルシチ」と「ピロシキ」!」が公開されました!

KitchHikeMagazineにて「時間と手間をかけて作る、愛情たっぷりのロシアの家庭料理「ボルシチ」と「ピロシキ」!」が公開されました!

「ロシア料理は、作るのにとても時間がかかるんです。週末にたくさん作って、一週間かけて食べるのがロシア流。」 とくに「ボルシチ」は、寝かせるほどコクが増して美味しくなるのだとか。 「日本でも、カレーは寝かせるほどおいしいで…>>Read more

aaaa
【記事】シンプルで無表情で、でもどこか懐かしいイギリス・スコットランド料理

【記事】シンプルで無表情で、でもどこか懐かしいイギリス・スコットランド料理

クリックで拡大します 1200年頃に作られた石造りの建物が並ぶスコットランド・エディンバラ。 人通りのなくなった道を歩き、薄暗いパブに入る。黒ビール「ギネス」とスコットランド料理「ハギス」(羊肉のハーブ焼き)を頼む。大皿…>>Read more

aaaa